ロハスJr.昇格問題

阪神の話である。

4月30日現在阪神は、首位である。

すばらしいスタートを開幕ダッシュをした。

戦力も充実しこのまま首位を突っ走りたい。

ところがここにきて大きな問題が立ちはだかっている。

これがまるで難解な方程式のようだ。

ロハスJr.という韓国の2冠王(HR47本、打点135)が間もなく1軍に上がってきます。

ここでまず問題になってくるのが外国人枠とレギュラーである。

外国人の1軍登録は、5人まで。

投手スアレス(抑え)ガンケル先発

野手サンズ(レフト)マルテ(1塁)この4人が調子がいいところに昨日チェンが好投した。

すでに5人が実績を残しており、ロハスを上げれば1人落とさないといけない。

さらにアルカンタラというすごい投手も近く昇格の見込みです。

これからに思考は、数学の条件分けのようです。

余りにも選択肢が多いのでとりあえず、王道だけを選択してみる。(ロハス昇格の場合)

その➀

スアレス◎ガンケル◎チェン〇(場合によってアルカンタラと併用)

サンズ◎ロハス◎

もちろんサンズに代わってマルテを残すケースもありえる。

この場合、マルテ2軍降格。

その②攻撃重視

スアレス、ガンケル

ロハス、サンズ、マルテこの場合チェンが2軍降格。

この場合佐藤または、近本をベンチに置く形になる。

一般的には、佐藤をベンチとする意見もあるが大反対である。

現在の力を見ても将来を考えても佐藤を外すべきでない。

②の場合、ガンケル、チェン、アルカンタラを10日抹消を繰り返し3人で月9回の先発を回す手もある。

矢野監督も考えられるあらゆる作戦を考えているはずです。

これからどれをどう選択するのか大いに楽しみである。

阪神の健闘を祈るばかりである。

Follow me!